スポンサーリンク

現在の閲覧ページ

トップページ > 民法総則用語辞典(総目次) > 民法総則用語辞典な行(目次) > 任意代理

任意代理

任意代理の意味

スポンサード リンク

任意代理とは、委任(第643条参照)による代理のことです(第104条参照)。

また、任意代理による代理人のことを「任意代理人」といいます。

なお、任意代理に対して、法律による代理のことを「法定代理」といいます。

補足

任意代理は、本人と代理人とが、代理権の授与(これを「授権行為」といいます)をおこなう委任契約を結ぶことで成立する代理です。

通常、このような委任契約が記載された委任契約書には、代理権の授与の規定と、代理権の具体的な内容(代理人の権限)が規定されています。

このように、任意代理は、委任契約が存在することが前提となります。

契約実務における注意点

委任契約や準委任契約は、典型契約として、事業上は頻繁におこなわれている契約です。

当然ながら、このような委任契約や準委任契約は、すべてが代理権の授与を含むもの=任意代理の創設を目的としたものであるとは限りません。委任契約や準委任契約の中には、任意代理には該当せず、単に委任事務をおこなう契約に過ぎないものもあります。

ところが、多くの委任契約書や準委任契約書には、代理権の授与の有無がはっきりと記載されていないため、任意代理なのかどうかの判断に迷うことがあります。

このため、委任契約書や準委任契約書(これらに該当するような業務委託契約書を含む)には、代理権の有無を明確に記載し、任意代理の契約なのかそうでないのかがわかるようにするべきです。

特に、代理店契約書のように、文字どおり任意代理と誤解されかねないようなタイトルであり、また、内容としても他人の意思表示を代理するかのうような契約書については、特に任意代理かどうかの記載が重要となります。

スポンサード リンク

最終更新日2011年10月10日