【意味・定義】一般法とは?

一般法=ある事項について一般的に適用される法律

一般法とは、ある事項全般について一般的に適用される法律のことです。

一般法の定義

一般法とは、ある事項全般について、一般的に適用される法律のことをいう。

例えば、私人間の民事上の事項全般については、民法が一般法として適用されます。

これが、民法が「私法の一般法」といわれる理由です。

一般法に優先して適用される法律=特別法

ただし、一部の民事上のことについては、民法ではなく別の法律が適用されることがあります。

例えば、商人による取引については、商法が優先して適用されます(商法第1条)。

また、事業者と労働者との労働契約には、民法の雇用(第623条以下参照)の規定よりも、労働基準法や労働契約法が優先して適用されます。

同様に、不動産の賃貸借には、民法の賃貸借(第601条以下参照)の規定よりも、借地借家法が優先して適用されます。

このように、一般法よりも優先して適用される法律のことを、一般法に対して、「特別法」といいます。

特別法とは?民法上の意味・定義・注意点について解説

【補足】一般法と特別法は相対的な概念

一般法と特別法の関係は、絶対的なものではなく、相対的なものです。

つまり、ある法律が一般法であるとか、特別法であるとかいうように決まっているものではありません。

このため、法律Aと法律Bの関係が一般法(法律A)と特別法(法律B)の関係であっても、法律Bと法律Cの関係が一般法(法律B)と特別法(法律C)であることがあります。

一般法と特別法の相対性の具体例

  • 独占禁止法の一部の規定は、民法の特別法。この関係では、「独占禁止法=特別法」であり、「民法=一般法」。
  • 下請法の規定は、独占禁止法の特別法。この関係では、「下請法=特別法」であり、「独占禁止法=一般法」。

同じ独占禁止法でも、関係性によっては、一般法になり、特別法にもなる。

なお、法律間の優劣については、明文で規定されていないこともありますので、常に気をつけなければなりません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

契約実務における注意点

契約実務では一般法である民法が最重要

すでに触れたとおり、「民法は私法の一般法」と言われる法律です。

このため、ほとんどの契約では、一般法として、民法が適用されます。

そういう意味では、契約実務においては、民法は、最も重要な法律であるといえます。

ですから、どのような業界であれ、契約実務に関わるのであれば、民法の規定を知らなければなりません。

民法以外の特別法も重要

しかしながら、契約に適用されるのは、民法だけではありません。

契約において適用される特別法は、数多くあります。

主要なものでも、以下のものがあります。

契約実務で重要となる特別法の例

  • 商法
  • 会社法
  • 建設業法
  • 労働者派遣法
  • 労働基準法・労働契約法
  • 独占禁止法
  • 下請法
  • 借地借家法
  • 消費者契約法
  • 特定商取引法
  • 金融商品取引法
  • 利息制限法
  • 貸金業法

契約実務においては、民法の他に、これらの特別法についても、慎重に検討する必要があります。